肌質チェックでわかる肌質と肌状況

 肌質チェックで分かる肌質には4つのタイプがあります。
バランスの良い肌質である普通タイプ、毛穴が開き水分の多い脂性タイプ、肌のキメは細かいですが水分と皮脂も少ない乾燥タイプ、そして皮脂が多めで水分の少ない混合タイプです。
この4つのタイプはそれぞれ状況が異なるのでタイプに合ったケアをする事が必要となります。
 普通タイプの場合はバランスが比較的良いのが特徴ですが年齢やストレス、生活環境等で状態が変わってくる可能性が高いため注意としっかりとしたケアをする事が大切です。
さらに普通タイプといっても乾燥性普通肌と皮脂性普通肌に分かれるのでどちらの傾向かを見極めることが必要です。
 脂性タイプは洗顔しても時間がたつと顔がてかてかしてしまうタイプです。
そのため、化粧崩れがしやすくニキビの原因となるアクネ菌が繁殖しやすいため赤い皮脂型ニキビや吹き出物ができやすいのが特徴となります。
ケアとしてはクリーム系はあまり使わず化粧水でサッパリとすると効果があります。
 乾燥タイプは見た目はきめ細かいですが小じわになりやすく老化しやすい肌となります。
また、白ニキビや黒ニキビ等の大人ニキビと呼ばれる角質型のニキビができやすいのが特徴となります。
化粧でファンデーションを付けると粉を吹いてしまう時もあるためケアでは保湿を十分に行う事が大切です。
 混合タイプはカサカサするけどもテカテカもすると厄介なタイプとなります。
顔全体は脂っぽいのに部分的にはかさつく状態がみられます。
日本人はじつはほとんどがこのタイプだと言われています。
化粧崩れがひどいから脂性タイプかな、肌が乾燥しやすいから乾燥タイプだと決めつけずに、混合タイプかもと疑うことでより細かなケアを行う事ができます。

肌質チェックから学ぶケア方法

肌質のチェックを行い自分のタイプを知ることによって上手なスキンケアができるようになります。その為、まずは自分がどのタイプに属するのかを調べてみることが大切です。
肌質によってスキンケア方法が違ってきますが、乾燥肌の場合は皮脂を奪い過ぎないことが大切です。
例えば洗顔をする際にも過剰に洗ってしまうのは厳禁ですので、朝は水やぬるま湯だけで洗うようにしたり、洗顔料を使用する際にも脱脂力が強過ぎる物は控えるといった工夫が大切です。
そして乾燥を改善する為にも保湿も丁寧に行う必要があります。
水分量が不足して乾燥していますので、化粧水などで水分を補給してあげることが大切です。
ただし、刺激に弱い乾燥肌の時に過剰にケアし過ぎるのは却って良くありません。
その為、やり過ぎには十分に注意が必要と言えます。
脂性肌の場合のスキンケア方法としては、過剰な皮脂を取り除くことが大切です。
ただし、ここで注意したいのが皮脂を奪い過ぎないようにすることです。
皮脂を奪ってしまうと肌を保護する力が弱くなりますので、肌を守る為に余計に皮脂の分泌が活発になってしまうことがあります。
適度な皮脂を残しながらケアすることが大切である為、過剰は洗顔は控え、そしてテカリが気になる時にはティッシュで軽く押さえて拭き取るなどの対策をした方が良いでしょう。

普通肌の場合のスキンケア方法にも気を配ることが大切ですが、基本は保湿をしっかりと行うことです。
たとえ現段階で乾燥をしていない状態でも、年齢を重ねると共に乾燥しがちになっていきます。
そして乾燥を予防する為には特にトラブルがない時でもきちんと保湿をすることが大切ですし、乾燥しないように今から予防を意識した方が良いと言えます。

肌質にあった化粧品選びが重要

化粧品選びでは、成分、メーカー、価格などを比較して絞っていく方が多いでしょうが、一番大切なのは肌質にマッチしたものです。
合わない化粧品を使用すると、ニキビや乾燥、シワを招いてしまうので注意が必要です。
一生懸命に美容ケアをしても、間違った方法だとまったくの逆効果となります。
スキンケアを行っているのに肌状態が好ましくない場合は、合わない商品を使用している可能性があります。
注意をしたい点は、生活習慣が乱れている場合です。
食生活の乱れ、ストレス、寝不足、冷え性、喫煙などの悪習慣が続いていると、どんなに高価な化粧品を使用しても思うような効果は出ません。
悪習慣を改善することなく、さらに高い化粧品に変えてもあまり意味がないのです。
まずは生活習慣を整えた上で、肌状態を確かめてみることです。
その状態でニキビや吹き出物などに悩まされている方は、自分に合っていない化粧品を使用している可能性があります。
乾燥を自覚している方は、保湿力の高い化粧品に変えましょう。
潤い力を高めるためには、化粧水をたっぷりと使用する必要があります。
少量で長持ちさせるような使い方をしてもほとんど効果が出ません。
ちょっと使いすぎと思える程度がちょうどいいのです。
保湿後はクリームを使用して、保湿力を閉じ込めてください。
洗顔後は急速に水分が蒸発するので、クリームで油膜を形成しないとすぐに乾燥します。
オイリーを自覚する方は、化粧品よりもクレンジングや洗顔料にこだわりましょう。
毛穴の内部に皮脂が溜まっていると、美容成分が細胞まで浸透しません。
洗顔でしっかりと汚れを落としてから十分に保湿すれば、自然とオイリー肌は軽減していくでしょう。
あとは食生活で脂肪の摂りすぎに注意すれば万全です。